眼瞼下垂は整形術で改善|魅力的な目元に変える方法

男性ドクター

目の下のたるみを除去する

施術

眼瞼下垂は、皮膚のハリが衰えてできる老化現象の1つです。化粧品である程度の予防は期待できますが、最終的には手術により目の下のたるみを除去することになります。手術は美容外科クリニックで実施することになりますが、費用や技術力に差がありますから、美容外科クリニックは十分に検討して決める必要があります。

Read More...

表情ではなく症状

鏡を見る女性

診察ではっきりさせる

眼瞼下垂が広く知られるようになったのは、まだ比較的最近のことです。生まれもった顔つきと感じている人も多く、皮膚のハリが衰えてくるような、中年期に入る頃に気が付く人が多いのも特徴です。高齢化が進んでいる日本国内においては、今後も患者が増加することでしょう。眼瞼下垂で注意したい点は、治療がうんぬんよりも、放置することで併発する、頭痛や肩こりなど数々の症状です。放置とはいっても、眼瞼下垂は気が付きにくいという特徴が理由となります。眼瞼下垂は、まぶたが見た目にも重くなっているので、慣れと割り切らず、心当たりがあれば一度は美容整形外科などの医師に相談することが望ましいと言えます。

症状と施術方法を理解する

眼瞼下垂の症状の見た目の特徴は、おでこにシワを寄せ、少し眠そうな顔つきから、とても眠そうな顔つきまであるという点です。表情として見て取れるので、周囲は指摘をすることが難しいと言えます。本人にとっては普段通りでも、コミュニケーションなど何らかの影響になっている可能性もあるので、早めに対策を取ると良いでしょう。治療は、いくつかの原因や年齢など、患者の条件に合わせた治療が施されます。治療先は美容整形外科などのクリニックとなっています。いまは入院する必要性もないですし、治療時間も短くなっているので、仕事終わりやちょっとした空き時間を活用して受けることが可能です。多くの美容整形外科での治療は、当日にメイクやお風呂など、日常生活に支障なく行なうことも出来ます。

早めに治療を行なう

施術

眼瞼下垂は瞼が重くなって開きにくくなる状態のことを指しますが、重症度によって症状が異なるという特徴があります。重症化すると肩こりや頭痛が生じることもあります。そのため早めに治療が大切です。また手術が適用される場合は、ダウンタイムが短くなるように、各病院で手術方法を工夫します。

Read More...

腫れぼったいまぶたを解消

美容整形

年齢を重ねるとともに目立ってくる眼瞼下垂は、まぶたのたるみが原因で起こってしまいます。老けた印象にもなりかねないので、これを解消するには美容外科で眼瞼下垂の手術を受けていくことが最適です。余計なまぶたの皮膚を切除していくので、印象深く若々しい見た目に変えていくことができます。

Read More...