眼瞼下垂は整形術で改善|魅力的な目元に変える方法

医療

早めに治療を行なう

施術

症状にも種類がある

眼瞼下垂といって、目元が腫れぼったく見える症状があります。まず軽度の眼瞼下垂の特徴としては、まぶたが重く感じたり開きにくくなったりします。また目じりの皮膚が垂れたり、目の奥に痛みが生じたりすることがあります。そして症状が進んで重度の眼瞼下垂になると次のような特徴が出てきます。目を開けようとしてもまぶたが開かなかったり、視野不良が生じたりします。また深いしわが額に現れるようになります。そして額に緊張が生じることで体の肩や首にコリが生じることもあります。また肩などが凝ることで、同時に頭痛にまで発展してしまうケースも少なくありません。このように眼瞼下垂は状態によって症状が変化しますが、悪化する前に早めに手を打つ必要があります。

治していくために

眼瞼下垂の治療は主に形成外科の領域ですが、手術療法が適用される場合があります。また手術が適用されると局所麻酔を行いますが、痛くならないように工夫がなされます。また眼瞼下垂のような皮膚の手術をするときに、重要となるのがダウンタイムであります。ダウンタイムとは、術後から日常生活が通常に行えるようになるまでの時間のことを指します。ダウンタウンが長くなる原因としては、術後の腫れや痛み、内出血などが長時間残ってしまうからと言われています。そこで各病院では、このダウンタイムが短くなるような工夫をしています。そのやり方は病院によって異なりますが、麻酔方法を工夫したり、金属メスを使わなかったりするなどの取り組みを行っています。