眼瞼下垂は整形術で改善|魅力的な目元に変える方法

医療

目の下のたるみを除去する

施術

老化現象の1つです

目の下の皮膚のたるみのことを、医学用語では眼瞼下垂と呼びます。眼瞼下垂は、皮膚のハリが衰えてできる老化現象の1つです。ですから、ハリを取り戻す効果が期待できる化粧品に人気が集まっています。眼瞼下垂が起こると、その人の印象はとても老けてしまったように見られます。また、たるんでしまった皮膚が目の下に黒い影を落とすことから、クマのように見えてしまいます。クマとは、目の下の皮膚が薄いことから酸素を失った赤血球の色が透けて見えるために黒く見える現象のことです。酸素を豊富に含んだ赤血球は鮮紅色をしているのに対し、酸素を放出した後の赤血球は暗赤色に変化するのです。この時にできるクマは、疲れがたまっている時や寝不足になってしまった時にできやすく、年齢に関係なくできますが、十分な休養や睡眠をとることで自然と消えていきます。

最終的には手術が必要です

眼瞼下垂は、化粧品を使ってある程度の予防は期待できますが、加齢に伴いどうしてもできてしまうものです。そして、眼瞼下垂の治療を考えるのであれば最終的には手術が必要です。要するに、目の下のたるみを除去するのです。そして、眼瞼下垂の手術を実施してくれるのが、美容外科クリニックになります。美容外科クリニックにおける治療は、原則的に自由診療となり健康保険が使えません。ですから、治療を受ける人が100%治療費を支払うことになり、経済的な負担は大きくなるのです。ちなみに、治療費は美容外科クリニックで異なっており、手術における技術力にも差があるのが現状ですから、美容外科クリニックは十分に検討して決める必要があるのです。